Ruka Ibuki lyrics go→index
更新:2004/12/24



能ナシ


カンパイしようぜ
清らかで果敢ないものに
カンパイしようぜ
正しくて意味ないことに

どんな問題だろうが
自分の気分次第で
片付けられるなんて
子供だましもいい所じゃないか

開き直れる程度の
悩みしか持ってない
オマエに
勇気などが
備わりっこない
逃げ回ってみろ
行き詰まるまで

know nothing

楽観だか 油断だか
区別つかぬまま
信念の下
がむしゃらに泳いでたのさ

どんな障害だろうが
自分の努力のみで
乗り越えられるなんて
思い上がりもいい所なのに

笑い飛ばせる程度の
痛みしか知らない
オマエに
情けなどが
備わりっこない
へつらってなさいな
へたり込むまで

know nothing

誰かの足を引っ張りでもしないと
誰にも気に掛けてもらえないの?

開き直れる程度の
悩みしか持ってない
オマエに
笑い飛ばせる程度の
痛みしか知らない
オマエに
夢中なんだ

鼻つまんで丸呑みしたら
排泄して
その健全ぶり
見せつけてくれ


誕生:2001




死角


殴りたい
切りつけたい
刺したい
撃ちたい 絞めたい
巻き上げたい
閉じ込めたい
とにかく
抜きん出ていたい

凶暴になる事でしか
注目されない
劣勢にある者にしか
襲いかかれない

負け惜しみでも
独り善がりでも
まかり通ってるや
ほら

最初に
捌かれるのは

『 』

Ah
僕はいつまで
このフィルターに
へばり付くんだ
濾されぬまま
腐りながら
このフィルターに

強引な強さで
蔓延りだした人類は
自らの肥大する欲に
刈られて行きそうさ

防ぎようがない
滅ぼせなどしない
災難・精神的苦痛
食らってごらんよ
今すぐ

次第に
干涸びるのも

『 』

Ah
僕はいつまで
このフィルターに
へばり付くんだ
産まれ落ちて
死に損なって
生きれもせず

You say,

分からない
知りたくない
聞かない
考えたくない
汲み取らない
労わない
とにかく
関わりたくない


誕生:2000




終身刑


汗ばむ顔に
絡み付いたクモの巣
主を捕まえようが
懲らしめきれずに

憤るほど
やり場のなさが
自らを裂いて行くだけ

僕さえ ずっと
踏みこたえればいい
このまま息を
凝らしてればいい
石のように
石のように

嘘のつけない
空の下で
祈りもせず
死ぬまで

脱け出す術も
試み尽くした朝
ケロイドが吸った露は
露でしかなくて

けなげな全身で
覚えた引け目
うなされる日々に
馴染みたい

誰かに そっと
包んでほしかった
そのまま息を
吐いてみたかった
要素がない
資格もない

血が赤いうち
固まらぬうち
手を伸ばしても
食い込む縄

あのとき僕が
殺されていたら
あのまま息が
絶えていたなら
こんな風に…
こんな風に…

だけど生きる
だから歌う
傷みながら
死ぬまで
ただ、死ぬまで


(10代最後の作品)




圏外


自販機で買った
ポタージュのコーン
たいらげようとした
あの時
一番星に
見下ろされたおかげで

君の全身の
ホクロの位置
把握したくなって
のたくる始末

そっけないのは
照れ臭いからだってば

この眼が描ける
何通りもの悲劇から
連れ出してくれるなら
その先が
どんなに惨たらしくてもいい
ただちに手をとって

便乗を期した救急車は
信号無視で音痴になった
追い討ちかけた
君の指摘みたいさ

この眼が描けぬ
何通りもの奇跡へと
漕ぎ出してくれるなら
その先が
どんなに煩わしくてもいい
ただちに手をとって

ふて腐れて
しでかした事
白状しては
探るけど…

この眼が描ける
何通りもの悲劇から
連れ出してくれるなら
その先が
どんなに惨たらしくてもいい
ただちに手を

この眼が描けぬ
何通りもの奇跡へと
漕ぎ出してくれるなら
その先が
どんなに煩わしくてもいい
ただちに手をとって


誕生:1999




居候 isourou


夜中に眉間の辺りで
暴れるサルを
取っちめたるの
手伝ってくれませんか

飼えないなら
いじらないで
見つめないで

焼き付いた眼差しは
無邪気すぎた

焦がれるがゆえに
厳しくなってしまう
鋭くなれば
なるほどに短く

君とでなくちゃ
イケない体などない
移るの防いどいて
何を促すの

そんな事どうだっていいのに
割りきれない分を
封じきれない

背中に「そっとしておけ」って
吠えてるイヌを
貼っ付け歩き回るの
やめましょう

飼いたいなら
ビビらないで
だらけないで

駆り立てる源は
乱れだした

熟れるがゆえに
侘しくなってしまう
細かくなれば
なるほどに小さく

君とでなくちゃ
イケない体にして
宿すの拒んどいて
何を掲げるの

そんな日があったっていいのに
割りきれない分を
庇いきれない

…焦がれるがゆえに


誕生:1995 脱皮:1999








(c)Ruka Ibuki