Ruka Ibuki lyrics go→index
更新:2004/12/24



ドライフラワー


キミの瞳(め)の輝きに
ふさわしい物は
おそらく差し出せまい
承知の上かい?

反感を衝動買い
しがちなボクだけど
べつに悪者になりたい
わけじゃないんだ

絆すつもりならば
この釘を
打ち込める胸を
ひけらかして
まばゆいほどに

ほら、ハンマーは
スタンバイOK

いなきゃダメなんて言わないで
いるとイイってこと述べて
まだここから
立ち去る気はない

罪深きは誰の自意識?

幕を引くタイミングを
わざわざ逃す
有り難いが歓べない
その火照り具合

どうしてくれるの?って態度
どうかしてるよ
これ以上ボクはボクを
虐めたくないのさ

見初められぬがため
飢えて 焦れて
藁をも掴むよう
誓いまくる
投げ打ちたがる

どんどん
押し付けがましく

好きだからこそって託つけて
全て美化しようって魂胆?
もうそろそろ
断ち切るしかない

他には何にも
欲しがれないくらい
狭苦しい部屋

いなきゃダメなんて言わないで
いるとイイってこと述べて
まだここから
立ち去る気はない

好きだからこそって託つけて
全て美化しようって魂胆?
もうそろそろ
断ち切るしかない

罪深きは誰の自意識?


誕生:2001




爪のないカメレオン


失って初めて
無ければ無いで
やってける自分を知った

「こんなの初めて」
が、途切れないが
取っ替え引っ替えしてるだけ

なんて可愛げないんだか
やはり独りが似合うの?

心細い振りをしなくちゃ
物足りない気はしてるから
心細い振りをしなくちゃ
物足りない気はしてるから

返せっこない物
借りないでおこう
盗めたならば幸い

とことん崇めて
見下されても
それこそが使命かのように

なんで昂りたいくせに
当たり障りを嫌うの?

落ち着かない振りをするのは
居座れない気がしてるから
落ち着かない振りをするのは
居座れない気がしてるから

傷つけたくないというより
恨まれたくないのであろう
傷つけたくないというより
恨まれたくないのであろう


誕生:2001




ダイレクト


安さで選んだ新しい靴に
こすれ続ける足で
なるべく歩数を稼ぐ

泣き腫らした瞼が
ひとけを避け
粧し込んでは
後ろめたさに塞がる

いかなる逆境にも
宿命と名付けて
笑顔でだけいようとしたのに

堪えきれなかった
そして君を突き落とした
独りじゃ背負えずに
君まで痛めつけた

あぁ、開いてくのは
傷口と距離だけ
剥き出しの心が寒いよ

波風立たぬ
水面は鮮やかに
物足りなげな表情を映し
からかう

どれほど手こずっても
二人でだったら
打ち克てない物はない
気がしたけど

信じ抜けなかった
自ら訝しみだした
君への念いは
あまりに揺るぎなくて

ねぇ、あんなにも
ぶつかり合えたのは何故?
剥き出しの心が寒いよ

堪えきれなかった
そして君を突き落とした
独りじゃ背負えずに
君まで痛めつけた

信じ抜けなかった
自ら訝しみだした
君への念いは
あまりに揺るぎなくて

あぁ、開いてくのは
傷口と距離だけ
演じていれば良かった?
良かった?


誕生:2001




おせっかい


だいたい
自然体を意識する自体
不自然

安泰こそが大敵の傾向
リタイア寸前

上辺の暖かさに誘われ
奥底の冷たさに割れる頭

本当にそれでいいの?
それがいいの?
それしかないの?

挑発的な言い回しで
必要悪でも
気取りたいのかい?

そんなに目くじら立てなくても
かまってあげる
見逃すわけにいかないのは
どこか類似してっから

小鳥が囀りだした明け方
ふやけきった目的が啄まれた

本当にそれでいいの?
それがいいの?
それしかないの?

催促がましくって
とても親切だとは
呼びがたいんじゃない?

ナンニンイルノ?
ボク、ナンニンイルノ?

ゼイタクかも
迷えるほどある選択肢
ゼイタクだな
悩めるほどある可能性

本当にこれでいいの?
これがいいの?
これしかないの?


誕生:2001




恋人役


今日から僕が
主人公 兼 演出家
よろしく

メガフォン握るのは
快楽主義
数をこなし腕を上げ
思わせぶりも身に付けた
澄まし顔で下り坂
まっしぐら

交際ごっこと題し
始めた単なる憂さ晴らし
忙(せわ)しき行き来
飽き飽きするまで

もっと万人に通じるような
感動をくれないか?
言いふらさずして
値打ちなど出ない

シナリオも稽古も無用
ただ地雷には注意せよ
ほら、いつだって次が
つっかえてんだ

さぁ、トチらないで
愛とやら
ほのめかして
ちゃんと
その役目 果たして

クライマックスが欲しいから
エンディングは欠かせないけど

今夜も僕はがらんどう
実験室へようこそ
気遣うのは
瀕死の相手だけ

好意がないわけじゃない
が、尊敬はそうできない
どれほど奇麗に
飛び散れるだろう

吊り上げてみる罪悪感
込み上げてくる優越感
放り投げたいがために
担いでやんだ

さぁ、トチらないで
愛とやら
ほのめかして
ちゃんと
その役目 果たして

クライマックスが欲しいから
エンディングは欠かせないけど

くっついて来て
平静を装って
ずばり
本音を見破って

クライマックスが欲しいなら
エンディングは欠かせないけど

欠かせないけど


誕生:2001








(c)Ruka Ibuki