Ruka Ibuki lyrics go→index
更新:2004/12/24



破けた雑巾


好きにしていいよ
それとも抵抗されたい?
命ごと今
つむじ風に預けてる

明日には
吊るし上げられるのだろう
悪い例として

身のほど知らずだった
愛が、愛が欲しいだなんて
無謀にも願ってた

怖いもの見たさだった?
自分が、自分が輝く日を
ひたすら目指した
すり切れもしないで

震えた手では
何一つ濯ぎきれず
乱れる呼吸を
制する打撃を待ってる

誰かしら
見習ってくれるかもしれない
悪い例として

生まれてきてごめんね
愛を、愛を求めておいて
少しも配れてない

死ねずにいてごめんね
自分を、自分を汚したのは
自分だと気付いた
湿っぽさに安住して


誕生:2002




致命show


真顔で この地球(ほし)の
行く末 案じれば
殺し合いに バンザイ
性欲には バイバイ

喜ばしい事に
えらく鈍く
綺麗な物に対し
えらく疑い深い僕

墓穴を掘る
ためだけにある
シャベル

掬い上げる
よう掘り下げる
ソウル

死にたくなれたら
どんなにいいだろう
生きたいのに
死ななきゃいけない
気分じゃなくて
死にたくなれたら
どんなにいいだろう

傷はその数より
傷はその位置によって…

気休めにもならない
フレーズがのさばり
縮こまらぬ限り
入れぬ宿で血だるまに

不要っぷり
有害っぷり
えぐり

望み通り
目論み通り
調理

死に場をここらに
決めてもいいかい?
これ以上も これ以下も
もう見たくないんだ
死に場をここらに
決めてもいいかい?

何も言い切れないと
誰か言い切っちまえよ


誕生:2002




地下室のバリケード


この世で確かだと言えるのは
自分の胸の痛み
だけかのような夜

暗い、暗い方へ
延びて行く階段
その向こうから
天使のすすり泣く声

出ておいで
そこにいるのは判って
判って
判ってるんだ

呼びかけに
さぁ、応じておくれ

聴こえないのか?
聴いてないのか?
なぁ…

生きとし生ける物やがて死す
なにゆえにこんなにも
ムキになってるのだろう

暗い、暗い方へ
放たれる銃弾
その背後には
悪魔がほくそ笑む影

破らないで
少しずつでも解(と)いて
解いて
解いてって

愛情さえ
入り込めやしない
地下室のバリケード
潜んでるデリケート
で、で、で?

とぼけてられる奴のが
オカシイんじゃ?
毒殺されたハリネズミを前に

神のおかげ?
神のしわざ?

あの日ボクの口を塞いだ
あの手を踏み潰したい

出ておいで
そこにいるのは判って
判って
判ってるんだ

呼びかけに
さぁ、応じておくれ

もういいよ
もういいから
なぁ…


誕生:2001




痣 aza


かわしきれなかった事
あふれてしまった物
「どうにでもなれば良かった」
最後の悪あがき

通り過ぎてく人々
ふがいない自分自身

用意される
それなりの明日は
ただ目障りで

ずっと さすらいながら
本心(こころ)を虐げた
時にその強ささえも
恨めしくてたまらずに

大胆でいられたのは
大事じゃなかったから?
警戒をしだしたのは
貪欲になったから?

なだめる声が飛び込む
換気扇が回りだす

ジョーク織り交ぜ
となりの君は
まだ にこやかで

そっと頭を撫でて
本心を覗くんだ
ここでだけは
今だけは
寛いでもいいのかな

君が教えてくれた
消えてほしくないアザ
壊してしまいそうなほど
抱きしめていたい世界

君に呼び起こされた
優しさ=優れもの
できる限りを尽くして
響き渡らせて行こう

この柵の向こう側で
この柵の向こう側へ


誕生:2001




胼胝 tako


人は皆…とか言えるほど
だれかに訊ねたタメシはない
世界一…とか言えるほど
どこかへ出向いたタメシもない

もしもの話じゃ 恐れ入れない
いつかの話じゃ 舞い上がれない

それしきの事に感動できる
君にキスを
これしきの事に憤慨しちゃう
僕にメスを

粉々にして
オブラート用いて
摂りやすくしたんだ

かなり苦いが
効き目あり
不吉な夢とはオサラバ

「すべて」の 中身を
すべて挙げて
誠実そうに
見せかけないで

旧式なほうが無難だなんて
君に拍手を
良識ですらも負担だなんて
僕にマスクを

菌はどんどん強くなる
新たな薬の開発に伴い
消滅しかける度
変貌し 増殖し どんどん強く

それしきの事に感動できる
君にキスを
これしきの事に憤慨しちゃう
僕にメスを

旧式なほうが無難だなんて
君に拍手を
良識ですらも負担だなんて
僕にマスクを


誕生:2001








(c)Ruka Ibuki