Ruka Ibuki lyrics go→index
更新:2006/9/1



脱獄囚


長いトンネルの
出口附近で
また事故だとよ
大惨事だとよ

叱られたいかのように
拗ねては
愛すべきものさえ
遠ざけて来た俺

何度 痛い目に遭えばいい?
生きていたくなくなるまで?
引き裂いてしまえた仲
死んでも直りそうにない
おまえをバカと呼ぼう

波立つぐらい
潤ってた日々
低空飛行で
最果ての地へ

自分自身を
卑しめ過ぎては
愛すべきものほど
遠ざけて行く俺

何度 痛い目に遭えばいい?
生きていたくなくなるまで?
渦巻いていやがるのは
被害者意識だけ
おまえはマゾなのか?

裸眼で歩くネオン街
ふとぶつかる肩と肩
解らせようとしてばかりで
解ろうとなどしちゃいないんだ
なぁ、そうだろう?

何度 痛い目に遭えばいい?
生きていたくなくなるまで?
せいぜい孤独を気取り
同情を乞い続けろ
どんな病名が付くやら


誕生:2006




不発弾


今 屋上から
見下ろした地面は
グロテスクな僕を
受け止めたがってる

急行列車が
通過する音の中
流れ落ちる真っ赤な
それが描く円

何もかも愛せやしない
何ひとつ愛せないんじゃない
様々な時があり
様々な面がある
同じものでも

あまりの寒さに
足早になる帰路
ポケットに両手を
入れたまま滑った

縫い合わされた
傷はムカデのよう
生き延びて良かったのか
本当に僕は

何もかも愛せやしない
何ひとつ愛せないんじゃない
こんな僕にでもできる
こんな僕だからできる
ことをしなくちゃ

死ねる日なら来る
死ねる日なら来る


誕生:2006




延長戦


曇り空の下 生乾きの服
放たれる臭み 歪まされる顔

蒸し返すように
次 次
押し倒すように
次 次

楽になりたいんだ
泣くことしかできなきゃ
泣けばいい

楽になりたいんだ
泣くことができるなら
泣けばいい

クシャクシャにすれば
丸まるだろうに
ビリビリと破き
散らしてばかりさ

巻き起こるように
次 次
沸き上がるように
次 次

動いてしまえるぜ
眠っている時でさえ
そのカラダ

動いてしまえるぜ
止まっている時でさえ
そのココロ

楽になりたいんだ
泣くことしかできなきゃ
泣けばいい

楽になりたいんだ
泣くことができるなら
泣けばいい


誕生:2006




散り行く上


平穏な日々だ 不気味なほど
心身ともに いたって元気で

ただ面倒なヤツを相手に
忙しい振りしてんだけ

そこに張り付いて
どうすると言うのか
それを突き止めて
どうなると言うのか

咲き乱れよ
情念の花
覆い尽くすがいい
敗北も
反則さえも
散り行く上で

単なる欲が 愛だと名乗り
消え入るのを 躊躇してるが
酔い潰れ 泣き疲れ
睡魔に襲われたがってんだ

誰に招かれた?
小汚い所へさ
何を当てにした?
薄暗い所でさ

咲き乱れよ
情念の花
飾り立てるがいい
錯覚も
憶測さえも
散り行く上で

散り行く上で


誕生:2005




野良


汚い所は
汚しても大丈夫
そんな気にさせて
洗われずにいる

どうして呼んだの?
どうして抱けたの?

怯えた目は
怪しむ目に

見たくない
もう、この上など
ありえないもの

落ちずにいたいから
自ら降りる

嬉し過ぎたんだ

ヒビ割れた皿に
盛られて行く料理
食べ尽くされぬよう
まずくしてあったっけ

独り密やかに
最期を迎えたい

戯れつく手は
損なう手に

触れない
ねぇ、君には
ふさわしくないでしょ

試してしまう
その包容力を
噛みつくことで

見たくない
もう、この上など
ありえないもの

落ちずにいたいから
自ら降りる

触れない
ねぇ、君には
ふさわしくないでしょ

遠く 遠く 遠く

嬉し過ぎたんだ


誕生:2005








(c)Ruka Ibuki