Ruka Ibuki lyrics go→index
更新:2007/9/3



リバーシブル


君の心は今日も重力に従順で
谷底を転げ回り疲れて眠る

寝息を立てておくれ
わざとらしくてもいい
寝息を立てておくれ
まだそこにいるんだろう

都合悪いことから目を
そらしときながら
掲げているラヴ&ピース

強い振りしたモン勝ち?
明るい振りしたモン勝ち?

止めどなく生まれてくる
欲を夢と呼んで
性懲りもなく
生きる力へと変えた

上手くなって行ってるのは
隠し方ばかりだな
上手くなって行ってるのは
繕い方ばかりだ

都合悪いことから目を
そらせてるだけで
信じてきたラヴ&ピース

強い振りしたモン勝ち?
明るい振りしたモン勝ち?

またよく知りもせぬ相手
こき下ろしてるや
さも自分はそれよりも
優っているかのよう

都合悪いことから目を
そらしときながら
掲げているラヴ&ピース

負けぬ振りしたモン勝ち?

都合悪いことから目を
そらせてるだけで
信じてきたラヴ&ピース

強い振りしたモン勝ち?
明るい振りしたモン勝ち?


誕生:2007.9.




トラジコメディー


いつからか疎遠だ
音沙汰などなく
いつまでも無縁さ
猿真似したとて

元気だとは言えない
けれども正気で
異常だとは言わない
けれども不調で

まだ底の方で
死なないでいる
まだ隅の方で
死ねないでいる

この部屋は鏡張り
その羽根は黒光り
強さ増す風当たり
痛いの痛いの飛んでけ

求められてるコト
応えてやるトコ
受け入れがたきコト
吐き出せなきトコ

曲り角の前で泣いてた
下り坂の上で笑ってた

ケリを付けられぬまま
ケチを付けまくるだけ
行き止まり後ずさり
痛いの痛いの飛んでけ

ああ、浮かばれない


誕生:2007




岐路


君はもう、いなくなった
けれども
君はそう、いてくれた
たしかに

傍にいて
支えてくれてたんだ
何年も
陽の当たらぬ所で

忘れない
共に過ごせた日々
失うばかりなんかじゃなかった

どうして
労れなかったんだろう
あんなにも必要としてたのに

壊してしまった
壊れる前にと
見限るようにして

君はもう、いなくなった
けれども
君はそう、いてくれた
たしかに

乗り越えた
いくつもの苦しみ
分け合えた
いくつもの喜び

このまま離ればなれでいいさ
元には戻れるはずがないし

一つの道が途切れてしまっても
全てが終わるわけじゃないから

歩いて行こう

歩ける限りは

まだ見ぬ世界へ

見果てぬ世界へ

歩き続けよう


誕生:1993 脱皮:2007




音信


当てどないような
その胸の内を
果てしないような
この日々の中で
歌う
歌い続けている

待てどもそれは
来てくれっこなくて
イヤでもそれは
避けられっこなくて
歌う
歌い続けてゆく

ワカンナイコトが多すぎる
決め付けてしまいそうにもなる
あなたの声が聴きたい
独りきりで震える夜

砕け散った夢
吹き飛ばしたのは
あの風じゃなく
自分の溜め息で
伝う
伝いだした涙

カナワナイモノが多すぎる
投げ出してしまいそうにもなる
あなたの声が聴きたい
心が振れ動く時

思い出すのは 間違いばかり
思い付くのは 言い訳ばかり
思い込まないで
思いやってみよう

ワカンナイコトが多すぎる
カナワナイモノも多すぎる
あなたの声が聴きたい
どこか似ている あなたの


誕生:2006




ゴーストタウン


悲鳴と産声が交互に聴こえる
先回りしようと踏み込んだ裏通り

言えずにいるだけで
思っている
知らずにいるだけで
起こっている

描き出してあげましょう
見えない振りしてなさい
育て上げてやりましょう
抱えないで抱いて

自転車 乗り捨てて
タクシー拾ったが
目的地までの金など
ありゃしなかった

気が向いてても
手が空かないの?
手が空いてても
気が向かないの?

放り出してあげましょう
涼しい顔してなさい
潜り抜けてやりましょう
大いなる小ささで

ぶり返し ぶり返し
かき壊し かき壊し
伸び悩み 野たれ死に

誓うものかという誓い
願うなかれという願い
たとえ息を殺しても
受け継がれて行くでしょう


誕生:2006








(c)Ruka Ibuki