Ruka Ibuki lyrics go→index
更新:2008/8/5



夏に歌う者


雨上がりの水たまりに
ボウフラがわいて
夕涼みにひたる肌は
ボコボコになった

待ってるばかりの日々と
心中するかい
欲するばかりの日々と

Ah
ナラデハにこだわって
君はどんな得した?
タラレバを並べて
何を潰した?

いつまでもは縋り付けない
その腕が言う
どこまでもは沈み込めない
その肺が言う

偏見が幅を利かせて
ストレス源
迷信が幅を利かせて

Ah
自動ドアと思って
また立ち尽くしてた
スペアキーも失くして
声を嗄らした

後悔などしていない
清々するわけもない
どうも笑えないんだ
怒る筋合いはないが

Ah
ナラデハにこだわって
君はどんな得した?
タラレバを並べ

Ah
自動ドアと思って
また立ち尽くしてた
スペアキーも失くして
声を嗄らした


誕生:2008.8.




それだけは確か


ぼやけた画面に突き付ける
切れ味の悪いナイフ
今日だけで一体いくつの
可能性(いのち)を
途絶えさせたんだろう

さんざん蹴って
蹴り倒しといて
打たれる側に回ると涙

ボクは誰?
キミの何なんだっけ?
安全じゃない
安全では

落としたはずの汚れは今
流れ流された末
美味しいはずのソイツに潜み
この胃袋を蝕みそう

さんざん食って
食い散らしといて
去られる時が来たなら涙

キミは誰?
ボクの何なんだっけ?
永遠じゃない
永遠では

言えないまま 癒えないまま
聞かないまま 効かないまま
痛がって居たがって
痛がって居たがってるよう

さんざん蹴って
蹴り倒しといて
打たれる側に回ると涙

ボクは誰?
キミの何だっけ?

さんざん食って
食い散らしといて
去られる時が来たなら涙

キミは誰?
ボクの何なんだっけ?

安全じゃない
安全では

永遠じゃない
永遠では


誕生:2008




LAPDOG


ようやく有り付けたエサ
しっかり噛み締めるボク
飢え死にする寸前だった
素通りだって当然だった

うなるぜ 目を光らせ
my angel
なんて good timing

愛さざるをえないほど
失いがたいモノばっか
君からもらう全てが
捨てらんないよ

憎らしくなっちまうほど
移ろいやすいモノばっか
君さえ居ればいい
とは思わない

難なく手にすりゃすぐポイ
何とか手にすりゃベッタリ
大事にしてあげるのは
大事にしてほしいから

はしゃぐぜ 舌を出して
my angel
もしや bad feeling?

愛さざるをえないほど
失いがたいモノばっか
君からもらう全てが
捨てらんないよ

憎らしくなっちまうほど
移ろいやすいモノばっか
君さえ居ればいい
とは思えない

思いたい


誕生:2008.6.




信号は赤


畳みそびれた
思いが転がる
泥棒でも居たかのよう

重ねそびれた
思いが散らばる
台風でも来たかのよう

胸を熱くする炎
その煙が目に沁みる

どうってことない顔で
君を送り出した
苦しかったのはそう
僕だけじゃないから

それほどまでに
関わりがいある
相手(ヒト)にはもう
出会えまい

これほどまでに
関わりがいなき
自分(ヤツ)などもう
切り捨てよ

暗がりを照らす炎
その煙でむせ返る

どうってことない顔で
今日もやり過ごした
近付こうとすれば
遠く感じるから

解り合えやしなくても
認め合えるならいいじゃない

どうってことない顔で
君を送り出した
苦しかったのはそう
僕だけじゃないから

君も同じだから


誕生:2008.5.




dying message


そんなの後回しでいいだろ
望まれてもない事
そうして一括りにするなよ
確かめてもない物

生臭くて喉を通らぬ
君の言葉
煮詰めては黒くした
Ah

無害な生き方とは
どんなのを指す
例のごとく見落とした
dying message

闇の中で暴れ回り
何を壊してきたんだか
空が白くなりだす頃
叩き起こした羞恥心

ケガした足
かばい続けた足も疲れ
騒ぎ立つ倒れたさ
Ah

綺麗な死に様とは
どんなのを指す
今度こそは見落とすな
dying message

踏まえたまえ

無害な生き方とは
どんなのを指す
綺麗な死に様とは
どんな

lie

lying message


誕生:2008.3.








(c)Ruka Ibuki